So-net無料ブログ作成
★ Travel ブログトップ
前の10件 | -

車山高原スキー場 [★ Travel]

 

スキーに行ってきました!車山高原のスキー場。ビーナスラインは所々凍結している道もあり(写真はまともな道)、途中スリップして、危なく路肩に車をぶつけてしまうところでしたが、景色をゆったり見る余裕もなく慎重に運転をしていってきました。夏に車を買い替えてからはじめての雪道だったのですが、なんとか無事に到着。

         

3年振りだったので、滑れたものじゃないだろうな、、、なんて思っていたのですが、意外と体は覚えているものですね。雪質が良かったということもあるかもしれない。 とても滑りやすい雪で、天気も良くて気持ちがよかったです。今日は技術選手権大会が開催されていて、美しいフォームで滑る方々が沢山!見ているだけで本当に勉強になりました。なんであんなに前傾姿勢でスピードを出せれるものだろうか。。。うっとりです。私は、なんちゃって適当スキーヤーなので恥ずかしくなってしまいました(笑)。スキー復活で、今年は滑れるだけ滑ってみようかなと思っています。


八重山そば食べ比べ [★ Travel]

        

お勉強をしないといけない、と分かっていながらも「休憩、休憩」と現実逃避をしたがる私の悪い癖。いまも少々お勉強をするためにPCに向かっているのですが、、何故かブログ更新をせかせかとやってしまっています(笑)。昔からこうなんです。期末試験のときなど決まってギリギリまで何もやらずに、2,3日部屋にこもってお風呂にも入らずに徹夜でやるタイプです。いけないですね。。切羽詰まらないと、本気にならないようです。コツコツ計画的に成し遂げる人になりたい、っていつも思います。
ということで、先月ふらりと旦那といってきた沖縄(石垣島)で毎日食べた八重山そばの写真をアップします相当はまってしまったようで、無我夢中に八重山そばの食べ比べをしてきました。八重山そばといっても、店によって全然味が違うのです。ラーメンのように、濃厚な豚骨ベースから醤油味のさっぱりしたタイプまで。島唐辛子やピィヤーシという香辛料を入れてみたりと変化を楽しみながらいただけるので食べていて楽しいです。お値段は400円~600円。安いんです。中でも一番美味しかったのは石垣の明石食堂かな。タクシーの運転手さんに地元でNo1と聞いて知りました。明石のそばは写真下段左です。スープがとても美味しかったです!また沖縄いきたいなー。今度は夏に☆


紅葉 [★ Travel]

   

紅葉真っ盛り。またまた那須に足を運び、秋を堪能してきました。那須高原はまるで山の珊瑚礁のよう。紅、黄、緑、オレンジ、茶に、真っ青な空。絶妙な色合いで、本当に素晴らしい景色でした。那須の上のほうは、今週で紅葉も終わりかな。下のほうは、これからの様子。とにかく車を走らせるだけで気持ちが良く、心身ともに癒されました

那須:陶芸教室での作品 [★ Travel]

        

またまた那須のお話(笑)。ここ最近仕事が忙しく、お肌がボロボロで泣けてくるのですが、今日帰宅したら、早く帰った旦那が料理をしてTable Settingまでして私の帰りを待ってくれていました。それだけで、うわーって泣いてしまいそうだったのですが、もうひとつ嬉しいことが!写真の器は、那須の陶芸教室で作った陶器。それが今日届いていたのです!夕飯後、旦那と一緒に恐る恐る箱を開けてみると、あらま!想像以上にうまく仕上がっているではないですか。素人感たっぷりではありますが、自分が作ったオリジナル食器になんだか愛着がわきます。下の赤いお皿が私が作ったもので、その上にのっている黒い器が旦那が作ったなんともクリエイティビティのある、わざとでこぼこにしたというお椀。別々に思いのままに自由に作ったのですが、ひとつずつ使うより、こうやってセットにしたほうが、見栄えがいいものだから、重ねて使ってみようかと。那須では、陶芸にはまってしまい、もう一軒陶芸教室に行っています。その食器がどんな形で届くのか!それまた楽しみなものです。

那須のパン屋さん [★ Travel]

   

またまた那須の話になってしまいますが、、、那須には美味しいパン屋さんが何軒かあります。パン好きでパンにはうるさい私ですが、やはり水、牛乳、卵が美味しいせいか、噂どおり本当に美味しかったです。買ってきたパンの中でも、このくるみパンは絶品でした。クリームチーズをたっぷり塗っていただきましたが、こんなに胡桃がたくさん入っているなんて!と驚きました。ペニーレインというパン屋さんで、アイディア満載のパンが店頭に並び、くるみパンの他に有名なブルーベリーのジャムがたっぷり入ったブルーベリーブレッドを買ってきました。ブルーベリーブレッドはあっという間に平らげてしまったほど美味でした☆また、那須にいったら、パンをたくさん購入して、冷凍保存をしようかと思ってます♪

山水閣 「回」 其の参 (2) [★ Travel]

  

そして、回でのお食事です。こちらは先付けと前菜。プレゼンテーションが素晴らしい。味に限らず、食器も。器は、どれをとっても私好みのものばかりでした。手前にある胡桃豆腐とアスパラ、蟹が乗っている器や、ジュレが入っていた小鉢などなど。お伺いしたところ、オーナーさんが買い付けをされているようで、殆どが有田焼とのことでした。本当に素敵でした。

  

先付け、前菜、お造り(マス。お洒落な竹の筒に入っていました)、焼き物(鮎)が出て、那須黒毛和牛の豆乳しゃぶしゃぶが出たのですが、お肉はA5等級とのことで、油がたっぷりのったジューシーなもので一番印象的だったかも。とちぎ和牛認定証もあり、鼻型がおされた戸籍謄本のようなものでした。そして、こちらはお食事です。手前の銀の器も素敵なもので、どちらでこんな素敵な器に出逢えるのかオーナーさんにお伺いしたいくらい気に入っちゃいました。ワインは白を2本いただきました。ほとんどがビオワインで、1本目はイタリアのサッサイア。2本目はシャブリを。サッサイアは、シードルのような軽さだったので、2本同時に入れて、飲み分けながらいただきました。この日は、ふたりとも幸せ満腹で温泉に入って、しばらくベランダで涼んでから就寝。

  

そして、朝ごはん!ひゃぁー、食べれないー!と言いながらも、美味しいのでふたりとも完食しちゃいました(笑)。中でも、自家製お豆腐が美味しかったです。ご馳走様でした。
回は1泊でしたが、お料理、お部屋は勿論のこと、何よりスタッフの方々の気持ちよさ・温かさに惹かれてしまい、年内にまた予約をしてきちゃいました。次回も楽しみです!


山水閣 「回」 其の参 (1) [★ Travel]

        

山水閣「回」には、其の壱から其の八までの計8つの部屋がありますが、部屋毎に作りや顔つきが異なります。私達は、「其の参」に宿泊。其の参は、バランスの整った和風モダンな作りになっています。写真は、お部屋のラウンジ(リビング?)にて。館内用のスリッパなのですが、柔らかい皮製で、履き心地が抜群です。本館に遊びにいくときは、最近表参道にオープンしたcrocsが準備されています。こちらも履きやすさを意識している靴ですが、こういう些細なところにも気配りされてることに感激。回では、触れるもの全てが快適なものばかりなのです。

  

こちらは私たち一番のお気に入りの場所。この椅子がまた座り心地よく、ベランダに椅子とサイドテーブルを移動させて、宿泊中の大半をベランダで過ごしていました。ベランダ好きにはたまらない。目前の緑の奥には昭和初期に建てられたという風情ある本館が見えます。部屋の露天風呂につかっては、ベランダに出て一服。ビールを飲んではまたまたお風呂に入って、一服。なんていう繰り返しをして1日をゆっくりと過ごしました。

  

洗面所です。これがまた素敵な作りになっていました。ガウンも置いてあります。どうもうちの旦那がこのガウンを着ると、スターウォーズのヨーダのように見えてしまって、(本人には、ジェダイみたいだねー、なんていいながら)、ケラケラ笑ってました(笑)

  

そして、石風呂。半露天になっています。那須御用邸と同じ温泉をひいているようで、とても柔らかく低刺激な温泉のため、長風呂ができます。私は温泉にあまり慣れていないのですが、はじめて長風呂ができちゃいました。ということで、今日はここまでにしておきます。お料理は、また後ほどアップいたします。

山水閣 The Lounge 206 [★ Travel]

         

那須では、若喜旅館と二期倶楽部、山水閣という3箇所に宿泊をしてきました。どこも気持ちの良い場所でそれぞれいい点が沢山あるのですが、一番のお気に入りは、こちらの山水閣さんでした。スタッフの方々の心温かい接客からはじまり、お部屋もお料理も景色も全て素晴らしかったです。何もかも心地よく、心身ともにリフレッシュすることができました。まさに、山水閣がうたう「Reset Resort」。そもそも、このコピーに惹かれていたので、本当にResetできるかな。。。なんて思っていたのですが、単純な私は簡単にResetさせられちゃいました。

~那須高原の雄大な自然に包まれて、昨日と明日を結ぶ活力となる一日。家に居る、仕事場に居る、そして那須に居る。Reset Resort-貴方が三番目に帰る場所でありたい。~

仕事柄コピーに関してはついつい厳しく見てしまうのですが、「貴方が三番目に帰る場所でありたい」という気持ち、私には響いてしまいました。ちなみに山水閣では、別邸「回」に宿泊。回に関しては、別途、お部屋とお料理に関してもアップしたく思います。さて、山水閣。まず玄関入って緑の奥に出迎えるのが、オープンテラスのThe Lounge 206。ついつい、カクテルが飲みたくなってしまう気持ちよさです。

   

紅葉の時期、一体ここからの景色はどうなるんだろう、なんて話をしながら、ゆっくりカクテルをいただきました。カクテルは、なんと800円。。。やたらお高いスノビッシュなところが多い中で、ここはスノビッシュさを感じさせないところがいいところ。写真はないのですが、オリジナルのカクテルもあり、私はこれまた名前に惹かれて「芭蕉の一服」というのを頂きましたが、抹茶ベースにパッションを感じるなかなか表現のしにくい深い味わいでした。The Loung 206 では、結婚式のお打合せをしている方もいました。私もここでもう一度したいー、なんて思ったり。夜は壁に映画を映したり、私たちはひたすらテラスでカクテルをいただきながら、魂が抜けてしまったかのようにぼーーっとしていました。


那須の若喜旅館 [★ Travel]

        

那須でのお食事をちょこっとご紹介。森林浴をしたあとには、那須の自然で育ったとちぎ和牛や白米、四季を感じれるお料理を堪能してきました。こちらは、1日目の宿「若喜旅館」でのお食事。ここは欧米のスローフードのように、ゆっくりと時間をかけて料理を出してくれます。また、ワインのセレクションも多くあり、宿の方にお伺いしたところ、大量にワインを仕入れるのではなく、気に入ったワインをちょこちょこと数本仕入れているとのことで、毎回おそらく違うワインがセレクトされているのかと思われます。日本酒と相当迷ったのですが、前日12時過ぎまで仕事をし且つ5時起きという状態で少々お疲れ気味だったので、飲みなれているカレラの白をいただきました。和食なので、もう少し日本のワインも置いてくれればいいのにな、なんて話をしながらカレラをセレクト。

  

そして真っ白に光る栃木米。甘みがあり、とても美味しく、思わず写真をとってしまいました♪日本人として生まれてよかった!なーんて、思える瞬間ですね。そしてお夕飯後は、温泉に。若喜さんの貸切露天風呂はとても気持ちよかったです。目の前に広がる、まるで絵画のような緑を見ながらお湯につかるなんて、贅沢なものです。癒されました。

茶臼岳 [★ Travel]

 

那須に行って来ました。初日は、天気がよかったので茶臼岳に。トレッキングの準備をしていなかったので、登れるところまで登って、下山してきたのですが、とにかく空気が美味しい。空が広い。緑いっぱいで、感無量。てくてく歩いていると、所々で可愛らしい高山植物が見れました。

   

ぼーーっとしばらく岩の上に座って景色を眺めていたのですが、山に映る雲の影がゆっくりと動いているのが分かります。東京でセカセカと時間に迫られながら仕事をしている自分がバカバカしくなってしまいました。。今回は、初日以外は雨で天気が悪く、沼原湿原や霧降高原にも足を運びましたが、これほど美しい景色を見ることができなくて残念でした。また、紅葉の季節に足を運んで、違う顔を見てこようかな、と思っています。
前の10件 | - ★ Travel ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。